むらさき湯を含む紫野学区の4銭湯が災害時協力として井戸水を提供

湯ったり日誌

staff

2011年9月 8日

紫野学区の4銭湯が災害時協力として井戸水を提供

東日本大震災から半年経ちましたが、未だに支援・復興活動は行き届いていない現状のようです。
日本人のみならず、世界中の人々が3.11の天災から多くを学んだことでしょう。

そんな中、こんな記事をみつけました。
京都市北区の紫野学区自主防災会と同学区内のむらさき湯を含む4銭湯が5日、災害時協力覚書を結びました。内容は大災害時、公共水道が使用不能となった際に、井戸水やくみ置きの水を学区民に提供するといった協定です。
110908.jpg

以後4銭湯は生活用水提供所を示すプレートを掲示することになります。

むらさき湯を経営する黒本節子さん(76)は「深さ100メートルの井戸水があり普段から飲用に持って行く人もいます。締結を機に近く水質検査をしたい」と話していたようです。

「地域できずなを結び、防災力を高めていきたい」という地域一丸の思い、京都中に広がっていったらきっと京都が一丸となって助け合えるんだろうなぁ... と、理想郷を思い描いたのでした。

詳しくはこちら→京都新聞

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. 紫野学区の4銭湯が災害時協力として井戸水を提供

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。