京都の学生が作るフリーペーパー『FASTNER』の銭湯特集がデジタルパンフレットで見れます!

湯ったり日誌

kato

2013年10月15日

フリーペーパー『FASTNER.』デジタルブック発見!

湯けむりからこんにちは。
専業はデザイナー、銭湯はビギナー。
はじめまして、スタッフH.Kです。

先日、このブログで紹介されていた「京都の学生が作るフリーペーパー『FASTNER.』で銭湯特集発見!」の記事。これは気になるっ!と思って、この休日『FASTNER.』を求めて街をふらふらしてきました。

が、ざんねんなことに、設置場所数件回っても見つからず(とても人気なのかも!)、読みたかったなぁと思いながら、ウェブを見てみると・・・

!!!

なんと、バックナンバーに追加されていました!
http://libura.com/userdoc/?sv_uid=1j05h4px2r0x&init=1

特集:銭湯は「風呂」じゃない。

ん〜〜〜〜。じゃあ、何なんだ!
思わせぶりなタイトルに、内容が気になりますね。

さっそく中を見てみると、気になる記事が。

どうやらこの記事では、お風呂にはない、銭湯ならではの価値について提案しよう、ということらしい。

冒頭の引きも良かったのですが、締めくくりがとても気に入りました!

「さぁ、銭湯で語ろう。」

この言葉にすべてが詰まっていますね!
そう、銭湯はコミュニケーションの場なのです。

銭湯の魅力を味わいに

銭湯の魅力は、誰もが知らず知らずのうちに心まで裸になって、カフェでも、学校でも、職場でもできない話ができること。

他愛のない話でも、不思議な広がりを見せる銭湯マジック。
そういえば経験したことあったかも!と、記事を読みながら思い返してしまいました。

銭湯の魅力を味わったことのない方はぜひ、気になるあの子を誘って銭湯へ!銭湯の魅力、久しぶりに味わいたいなぁと思った方もぜひ、お友達や家族と一緒に銭湯へ。

そして、みんなで語りましょ。

※『FASTNER. vol.8』では、今回取り上げた記事以外にも銭湯にまつわる記事がいくつもあります。フリーペーパーの詳しい内容については、こちらからご覧ください!
  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. フリーペーパー『FASTNER.』デジタルブック発見!

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。