路面電車にもなるレトロなこの路線『嵐電』に揺られて各駅で素敵な場所に立ち寄り最後は銭湯で締める。そんな旅もいいですよね。

妄想!? 私の銭湯入力プランを教えます。

プラン10  2017.02.16

嵐電沿線で素敵なカフェや本屋に立寄り、お参り後は銭湯へ〜

嵐電

四条大宮から嵐山、北野白梅町を繋ぐ嵐電。道中には路面電車にもなるレトロなこの路線は、今でも元気で京都の街を走ります。

西の終点、嵐山まで行けば観光客でいっぱいになりますが、沿線の各駅にも魅力的な店や、スポットがたくさん。そしてもちろん銭湯も。

嵐電に揺られて各駅で素敵な場所に立ち寄り最後は銭湯で締める。そんな旅もいいですよね。

元銭湯を改修したオシャレなカフェ、嵯峨の湯

終点・嵐山の一つ前の駅『嵐電嵯峨駅』。駅を降りてすぐに、銭湯ファンの間では有名なひとつのオシャレなカフェがあります。

そうです、元銭湯を改装した『嵯峨の湯』さん。

銭湯カフェと言えばさらさ西陣も有名ですが、こちら嵯峨の湯もとっても雰囲気がよく銭湯ファンなら一度は行っておきたい場所です。

店内には銭湯時代を彷彿とさせる蛇口なんかも残っています。

センスのよい雑貨やお土産なんかも買えるスペースもあり、行った事を自慢したくなるような素敵なお店です。

そんな嵯峨の湯のすぐ近くにあるのが、『London Books』さん。

他ではみかけないような素敵な中古本が揃う本屋さん。こじんまりとした店内に並ぶ本を眺めているとついつい長居してしまいそうです。

2階がスタジオになっていて微かに聞こえる音が心地よかったりもします。

芸能人もお忍びで訪れるとも噂される神社

一通り嵐電嵯峨駅近辺を楽しんだら、また電車に揺られ立ち寄りたいのが、『車折神社』。その名の通り、二駅となりの『車折神社駅』下車すぐです。

芸能・芸術の神として信仰されている天守受売命が祭られていることから、芸能人もお忍びで訪れるとも噂される神社。境内に所狭しと赤い玉垣が並びます。

そこに書かれた有名人の名前を見て回るだけでも楽しめること間違いなしです。

本当にこんな人まで来たの...?とびっくりすること間違い無しです。

車折神社徒歩すぐの寿湯へ

そして、その車折神社から徒歩すぐにあるのが、寿湯さん。

「サウナ・クスリ・電気」の看板が目印。外観は町のお風呂屋さんですが、入口は自動ドアになっていたりして、すこし驚かされます。

脱衣所や浴室はきれいに改装されていて、明るい雰囲気です。浅風呂、深風呂、電気風呂、サウナ、水風呂と一通り揃っています。サウナでは演歌がかかっていたりと、気づいたら長居してしまいますね。平日の21時頃でも若い方が結構おられて、賑わいをみせています。

帰りはもちろん嵐電に揺られて、のんびり。

他にもまだまだ素敵なスポットがあるので、週末のお出かけにぜひ!

この記事で紹介したスポット

関連記事

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 妄想!? 私の銭湯入力プランを教えます。
  3. 嵐電沿線で素敵なカフェや本屋に立寄り、お参り後は銭湯へ〜

ページの先頭へ



※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。