全国のラーメン通にその名が知れ渡る『麺屋 極鶏』のラーメンでお腹を満たして銭湯で締めるそんなプラン。

妄想!? 私の銭湯入力プランを教えます。

プラン10  2015.12.18

京都を代表するラーメン屋『極鶏』で絶品ラーメンを食し、最後は銭湯へ!

麺屋 極鶏

平日は夜遅くまで働いている会社員の皆さんにとって、金曜日の夜は1週間で最もうれしい瞬間かもしれません。

そんな夜に食べたくなるものと言えばやっぱりラーメン。ここ京都にもおいしいラーメン屋さんがたくさんあります。

なかでもラーメン激戦区として有名なのが、左京区の一乗寺エリア。この辺り一帯にはたくさんのラーメン店がしのぎを削っています。

おいしいラーメンをお腹いっぱい食べて、最後に銭湯に入って休日を迎える。

そんな幸せな銭湯入浴妄想プランを考えてみたいと思います!

全国にその名が轟く、ラーメン屋『麺屋 極鶏』

ラーメン激戦区一乗寺にあっても日本全国のラーメン通に有名なのが『麺屋 極鶏』さん。

人気店ゆえ店の前には行列が並びます。

ポタージュみたいにドロっとした濃厚白湯スープが出迎えてくれます。鶏の美味しさをとことん追求したラーメンは、並んでも食べてみたい逸品です!

スープがなくなり次第、閉店となるのであまり遅い時間に行くと食べられない可能性も...。

でも大丈夫、そんな時は他にもおいしいラーメン屋さんがたくさん。ラーメン好きにはたまらないエリアなんです。

こちらの特集でもご紹介していますのでぜひご参考に!
→『ラーメンだけじゃない!一乗寺エリア特集

お洒落な店舗が並ぶ曼殊院通り

特集記事でもご紹介していますが、ここ一乗寺はラーメン店以外にもお洒落な店舗が並ぶちょっとした名スポットでもあります。

なんと言っても有名なのが、恵文社。本好き、いやそうじゃなくても一度は訪れておきたい店舗です。

その他にもお洒落なセレクトショップや、雑貨屋があります。

都会の喧噪をはずれ、ゆっくり散策したい街ですね。

最後はのどかな銭湯で

さらに北に行くとある銭湯が雲母湯さん。(きららゆと読みます。)

目の前には田園風景が広がり、なんだか懐かしい気分が味わえそう。

極鶏でおいしいラーメンを食べた後に、雲母湯でさっぱりできたらこんな幸せなことはないですね。

そして叡電に揺られてゆっくり家路に付けたらまた来週からがんばろうという気持ちにきっとなるはずです!

もちろん、学生の方も年配の方もみんなが幸せになること間違いなしです。

他にも近辺には、銭湯がいくつかあるので、何度でも楽しめそう。ラーメンも銭湯もいろんなところを試してみたいです。

ラーメンから銭湯の流れはきっと誰にとっても鉄板であること間違いなしです!

この記事で紹介したスポット

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 妄想!? 私の銭湯入力プランを教えます。
  3. 京都を代表するラーメン屋『極鶏』で絶品ラーメンを食し、最後は銭湯へ!

ページの先頭へ



※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。