京阪「藤森駅」を下車、東へ本町通へ出て南へ歩き、名神高速道路の下をくぐりをるとある軍人湯をご紹介します。

  • 基本情報

基本情報

軍人湯gunjin-yu

gunjin-yu_thum.jpg

京阪「藤森駅」を下車、東へ本町通へ出て南へ歩き名神高速道路の下をくぐりをると軍人湯の看板が見えてきます。看板の下にはコインランドリーがあり少し奥まった位置にこの銭湯はあります。名前に非常にインパクトがあり一度見たら忘れられません。

名前の由来は、今でも師団街道、第一軍道、第二軍道という名前が残っている通り伏見は戦前軍都でした。そして、付近にある現在の聖母女学院本館はかつて「第16師団本部司令部」があった建物でした。当時の軍人たちが汗を流した銭湯=軍人湯ということです。

もちろん現在は一般の銭湯として営業されており、浴室には、シャワー付のカランは12カ所、奥に5,6人サイズのサウナがあります。お風呂は男女壁側に泡風呂&ジェット付寝風呂、腰掛け型ジェット、深風呂、電気風呂を備えた複合浴槽と、円形の浅風呂と充実した設備になっています。この銭湯の特徴としては、サウナが有料であることです。京都では珍しく「サウナ150円」。遠赤サウナで、黄色のバスタオルのレンタルサービスがあります。

現在は、本町通り商店街として栄えにぎわいを見せる地域ですが、この辺りにある京都教育大学は京都連隊区司令部などが置かれた跡地で、国立京都病院は陸軍病院、深草中学は騎兵第20連隊、龍谷大学は兵器庫及び火薬庫、青少年科学センターは野砲兵第22連隊といった具合に、大きな敷地はほとんど軍関係の施設だったそうです。

当時の姿を思い浮かべながら商店街を歩き、ここ「軍人湯」で疲れを癒してはいかがでしょうか。

軍人湯へのアクセスマップ

Google Mapで見る

住所 〒612-0027 京都市伏見区深草極楽町775
電話番号 075-641-6028
営業時間 16:00~23:00
定休日 水曜日
お風呂 泡風呂&ジェット付寝風呂、腰掛け型ジェット、深風呂、電気風呂、水風呂、サウナ(有料150円)
駐車場 3台

軍人湯の近くの銭湯

周辺スポットを見る


伏見・山科エリア

ページの先頭へ



※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。