その昔、遊廓があった街、島原の旧花街の真ん中に位置する島原温泉をご紹介します。

  • 基本情報

基本情報

島原温泉shimabara-onsen

shimabara-onsen_thum.jpg

旧遊郭があり、今もその名残を残す島原の真ん中に島原温泉は位置します。「千鳥湯」から改名されました。
京都の銭湯としては、少し珍しく14時半からの営業がありがたいです。

銭湯内には、京都の銭湯を存分に楽しめるオーソドックスな造りになっており、男女壁にそって正方形の浴槽が水風呂、ジェット風呂、深風呂、電気風呂と並びます。また脱衣所につきだした小ぶりなサウナがあり、身をかがめて入らないといけないそのサイズは、まるでお茶室を連想するような狭さです。自然とお客同士の会話が生まれそうです。

浴室内奥には、島原温泉の由来ともなっているラジウム温泉が構えられています。岩風呂仕様になっており一風かわった気分を味わえます。そして島原温泉の一番の見どころ、観音様がこの岩風呂内に飾ってあります。ラジウム温泉につかりながら観音様を拝むというのも乙なものです。

周辺には、日本最初の公許の遊郭のあったところであるため、当時の面影を残す建物がちらほら見えます。特に、角屋もてなしの文化美術館は江戸時代から栄えた花街・島原に残る、唯一の揚屋建築の遺構(重要文化財)で、内部は当時の文化を紹介する美術館となっています。

島原という街を堪能したあとに、島原温泉に浸かってみてはいかがでしょうか。

島原温泉へのアクセスマップ

Google Mapで見る

住所 〒600-8816 京都府京都市下京区西新屋敷中堂寺町69
電話番号 075-361-0676
営業時間 14:30~24:30
定休日 金曜日
お風呂 ラジウム温泉、深風呂、ジェット風呂、電気風呂、水風呂、
駐車場 2台

島原温泉の近くの銭湯

周辺スポットを見る


京都駅エリア

ページの先頭へ



※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。