閑静な住宅地の中、立派な唐破風屋根の竹殿湯さんの銭湯入浴レポートです。

  • 基本情報
  • 銭湯レポート

銭湯レポート

竹殿湯takedono-yu

2015.10 入浴

閑静な住宅地の中に、立派な唐破風屋根の竹殿湯さんがあります。駐車場のスペースも広く、駐車が苦手な方でも楽々停めることが出来そうです。

まずはお風呂の紹介から。

カラン上のタイルが、パステルピンク、イエロー、ブルーとアーチになって順序よく並んでいます。

そして天井はパステルブルー。とても丁寧に清掃されており、快適です。お湯は薪で炊かれているそうです。

入って左側には電気風呂と変わり湯。こちらの変わり湯にはいつも驚かされますが、この日は「カボチャほっこり湯」でした。ハロウィンに因んででしょうか。

由緒ある銭湯に、こういう遊び心って素敵ですね。ほんのり甘い香りを楽しめました。

深風呂、そして浅風呂にはジェットが2つ。肩甲骨と腰をビシビシマッサージしてくれます。水風呂で一旦リフレッシュしてからサウナに。5.6人は入れる広さです。

炭を置かれているからでしょうか、サウナ独特の匂いもなく、流れてくる懐メロを聴きながら気持ちよく過ごせます。

ポップコーンをおつまみに、裸で飲める生ビール!

見るからにお優しそうな店主様から色々御話をうかがいました。なんと、創業は大正4年だそうです。

番台の上には、宮川町の芸妓さんの団扇がたくさん飾られています。すぐ側にはシールがたくさん貼られており、訊くとその宮川町や先斗町の芸妓さん、舞妓さんの「名刺」代わりだということでした。

こちらの銭湯の一番、は何でしょうか?とお訊きしたところ、「裸で飲める生ビールです!」とにこやかな笑顔で答えてくださいました。

なるほど、番台に生ビールのサーバーが♪

また、おつまみにもなるポップコーンも販売されています。デパートにも出店されておられるお店の商品で、京都らしい抹茶味もありました。

12時30分には消灯されますので、時間には余裕を持ってどうぞ。

いいお湯でした。おおきにm(__)m

竹殿湯へのアクセスマップ

Google Mapで見る

創業 大正4年
住所 京都市北区紫竹上竹殿町34
電話番号 075-491-3808
営業時間 15:00~24:30
定休日 火曜日
お風呂 深風呂、浅風呂、薬湯、電気風呂、サウナ、水風呂
駐車場 5台+軽1台

竹殿湯の近くの銭湯

周辺スポットを見る


洛北エリア

ページの先頭へ



※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。