梅津段町の交差点すぐの京都の銭湯・京乃湯さんは、漫画や飲食スペースなど充実のサービスを体験できる新しい銭湯です!

湯ったり日誌

yamauchi

2016年10月20日

漫画、お菓子、マッサージ、居酒屋なんでも揃うNEO銭湯『京乃湯』をご紹介!

先日ご紹介した、京都のNEO銭湯こと京乃湯さん。

その充実ぶりに感動し、実際に現地に訪問させていただきました。

突然のご訪問ながら、お話を少し聞かせていただく時間もありその内部をご紹介させてもらおうと思います。

漫画から駄菓子、最新のマッサージチェアまで充実のロビースペース

京乃湯さんは、市内中心部から四条通りを西に行った梅津段町の交差点からすぐの住宅街にビル型の銭湯です。

1階が駐車場になっていて、2階へと入り口が続きます。

階段を上がると、そこには普通の銭湯では見られない飲食メニューがたくさん!

一見、スーパー銭湯?と思わせるのが、ここ京乃湯さんのNEO銭湯たる所以です。

自動ドアになっている入り口から中に入ると、広々としたロビースペースが広がります。

これは風呂上がりにゆっくりできそうです。

そして、ロビー奥には大量の漫画が!漫画喫茶さながらのくつろぎを味わえそう。

フロント横には、駄菓子やアイスの販売まで...!時間を忘れて長居してしまいそう...。

さらに、目に飛び込んでくるのがリッチなマッサージチェア×2!

存在感が半端ないですね...。気持ちよさそう。

居酒屋風飲食スペースでいただくごはんメニュー

充実のロビースペースに驚かされるばかりでしたが、さらに特徴的なのがロビー奥の飲食スペースです。

カウンターと座敷が備えられた広いスペースの居酒屋風の店内。なんと銭湯入浴客だけでなく、飲食のみも受け付けているのだとか。

さらに座敷の奥にはキッズスペースもあり、ご家族でもゆっくりできる空間になっています。

これほど充実した銭湯というのも珍しいですね。

店主さんにお話をうかがったところ、飲食のランチ需要のことも考えて今は昼11時からの営業だそうです。(無休)

時間を忘れて1日ゆっくりしたくなりますね!

京乃湯さんを楽しむ

京都にたくさんある銭湯では、レトロな雰囲気で創業当時の姿を残した銭湯もあれば、京乃湯さんのような充実の銭湯もあります。

同じ銭湯でも楽しみ方を変えてお風呂に行けるのがうれしいですね。

京都の銭湯ファンの方はぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

京乃湯

  • 住所:京都市右京区梅津南上田町47-1
  • 営業時間:15:00~23:30
  • 定休日:月曜日
  • 駐車場:9台
  • HP:http://www.kyounoyu.com/

この記事を書いた人

マスター

銭湯とフットサルをこよなく愛する、当サイトのwebマスター。日夜銭湯にまつわる新しい情報がないかアンテナを張り巡らしています。スポーツの後は銭湯で汗を流すのが最高です!

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. 漫画、お菓子、マッサージ、居酒屋なんでも揃うNEO銭湯『京乃湯』をご紹介!

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。