嵐電・常盤駅から徒歩すぐにある、元銭湯をリノベーションした『Hashigo Cafe』はエンターテイメント性に溢れた空間です!

湯ったり日誌

yamauchi

2017年10月11日

銭湯の面影がたくさん残る『Hashigo Cafe』元銭湯をリノベーションした素敵なカフェをご紹介!

京都にまたひとつ銭湯をリノベーションした素敵なカフェが生まれました!

その名も『Hashigo Cafe』。

場所は嵐電「常盤駅」から歩いてすぐにあります。

こちらのオーナーさんは和歌山で同じ名前のHashigo Cafeを運営されていたそうですが、引っ越しされて新たに京都でもHashigo Cafeをゼロから作り上げられました。

元銭湯という形をうまく利用した店内は、ひとつのエンターテイメント空間のようでした!

開放的な空間

まず店の中にはいると、大きく開いた空間が広がります。

立派なカウンターがあり、その奥にいろんなくつろぎ方ができるテーブル席がたくさん。

ひとつひとつが違って、好きな場所で好きなように休めるようになっています。

そしてさらに奥にはいると、圧巻なのが湯船の中にうまくはめ込んでつくられた大きなテーブル席。

緑が生い茂り、見た目にも癒してくれます。天井の高い銭湯だからこそできるインテリアですね。

その天井には、大きな天窓があり、明るい光が差し込みます。

開放感も抜群です。

銭湯ならではのおもしろい仕掛け

さらに面白い銭湯ならではの仕掛けがたくさん。

銭湯にはたくさんのお湯が楽しめる小さな湯船がいくつかあるのですが、それをうまく使ったテーブル席が..!

お一人様用の空間。ゆっくり読書できそうです。

さらにもう少し大きめの湯船では、二人席が。

もちろん、料理がおいしいので空間を楽しむだけじゃなく味も楽しめます。

分厚い卵焼きが挟まれたトーストとドリンクのセット。

他にも銭湯でよくみる体重計が店内に置かれていたりと、エンターテイメント性が溢れています。

京都には銭湯をリノベーションしたカフェがいくつかありますが、また新しい形の銭湯カフェが誕生しました。

ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか?

Hashigo Cafe

この記事を書いた人

マスター

銭湯とフットサルをこよなく愛する、当サイトのwebマスター。日夜銭湯にまつわる新しい情報がないかアンテナを張り巡らしています。スポーツの後は銭湯で汗を流すのが最高です!

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. 銭湯の面影がたくさん残る『Hashigo Cafe』元銭湯をリノベーションした素敵なカフェをご紹介!

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。