毎年この時期の京都では名だたるお寺で非公開文化財の特別公開が開催されています。

湯ったり日誌

nara

2019年1月 7日

『第53回 京の冬の旅』非公開文化財の特別公開と銭湯のタイル絵を楽しもう!

毎年この時期の京都では名だたるお寺で非公開文化財の特別公開が開催されています。

第53回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開

特に今年は9月に日本で初開催となるICOM(アイコム)KYOTO2019(国際博物館会議京都大会)が開催されることに先駆け、「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに、通常非公開の文化財が特別公開されるそうです。

東寺の日本一高い五重塔の内部なんかも見れるようですねヽ(゚∀゚)ノ

会場によって公開日時と時間は違いますのでご確認の上、足を運んでくださいね♪

裸で見れる芸術品、銭湯のタイル絵

一方、銭湯ではタイル絵を中心とした銭湯壁画がいろんな銭湯で楽しむことができますよ!

定番のタイル絵から京都が誇る世界遺産などなど、いろんな銭湯でいろんなバリエーションのタイル絵を楽しむことができます。裸で見れる芸術品は銭湯のタイル絵くらいなもんです(*˘︶˘*)/

芸術的観点から京都と銭湯をお楽しみくださいね♪

第53回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開

■京都の銭湯 タイル絵特集はこちら
http://www.kyo1010.com/feature/tile/

この記事を書いた人

ナラリオン

銭湯と音楽を愛するさすらいのシンガーソングライター。日夜ライブ活動を勢力的に行う一方、銭湯取材にも精を出す。野望は銭湯でのライブで決まり!

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. 『第53回 京の冬の旅』非公開文化財の特別公開と銭湯のタイル絵を楽しもう!

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。