平安神宮近くの平安湯さんでは、ベジっつらをはじめ京都銭湯芸術祭2015の常設展示がたくさんありました!

湯ったり日誌

staff

2015年5月11日

平安湯さんでは『京都銭湯芸術祭2015』の常設展示が盛りだくさん!

先日行ってきました新シ湯さんに次いで、京都銭湯芸術祭2015の別会場に足を運びました。

今回訪れたのは、平安神宮近くにある平安湯さん(2015.5.2 入浴)。

夜9時頃に行ったんですがGWということもあったのか、かなり賑わっていました。

平安湯さんのある通りはけっこう夜遅くまで開いているお店がたくさんあり、なんだかテンションがあがります。

至る所にベジっつら

さて、ここ平安湯さんでは常設展示がたくさんありました。

  • 池田精堂
  • ベジっつら
  • Yann Le Gal

そのひとつひとつをじっくり味わってきました。

ユニークなのが「ベジっつら」。こちらは訪れたお客さん自身が、作れるようになっています。

たくさん並べられた"目"のシールを野菜のフィギアに貼っていきます。

これまでに作られたものもずらっと並んでいました。

浴室に入ると、壁の上にも「ベジっつら」。至るところでその姿を確認できました。(ちなみに入り口にもありました。)

営業中の銭湯を舞台にしたアートのコラボレーションが楽しいと、改めて思いました。

見事な似顔絵パネルもあります

ベジっつら以外にも、下駄箱の鍵は新シ湯さんでも見たあの様々な彫刻が施された鍵です。

なんかドドリアさんみたいなのがいます。

そして、番台の向かいにあったのが巨大な絵画。番台に座った赤ちゃんを抱いた女性の姿が凛々しいです。

裏には、ここ平安湯さんを訪れたお客さん達の似顔絵が並んでいました。描いてもらった方達がうらやましい...。

店主の方にも少しお話を伺ったんですが、こういう新しい試みはおもしろいですね。と。

今まで銭湯になじみのない人にも楽しめる仕掛けがいっぱいで、また銭湯芸術祭の魅力を感じた一日でした!

【京都銭湯芸術祭 2015】

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. 平安湯さんでは『京都銭湯芸術祭2015』の常設展示が盛りだくさん!

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。