六道の辻と呼ばれた六道珍皇寺において、お盆の時期に冥土から帰ってくる精霊たちを迎える風習が続いているそうです。

湯ったり日誌

yamauchi

2018年8月 7日

お盆に精霊たちを迎える「六道まいり」の時期です。

みなさんは六道珍皇寺で行われる「六道まいり」をご存知でしょうか?

六道の辻と呼ばれたこの地において、お盆の時期に冥土から帰ってくる精霊たちを迎える風習が続いているそうです。

夏の夜の京都では様々な伝統行事が行われおり、身を清めるという意味でも銭湯に入浴するのもいいかもしれませんね。(大げさでしょうか..。)

六道珍皇寺近くには「大黒湯」さんや「旭湯」さんが徒歩圏内にありますので、夜のお出かけと合わせていかがでしょうか★(*˘︶˘*)

六道まいり

■大黒湯
http://www.kyo1010.com/daikoku-yu/
■旭湯(五条)
http://www.kyo1010.com/asahi-yu03/

この記事を書いた人

マスター

銭湯とフットサルをこよなく愛する、当サイトのwebマスター。日夜銭湯にまつわる新しい情報がないかアンテナを張り巡らしています。スポーツの後は銭湯で汗を流すのが最高です!

  1. 裸で見る芸術【京都の銭湯】
  2. 湯ったり日誌
  3. お盆に精霊たちを迎える「六道まいり」の時期です。

ページの先頭へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


※各銭湯の営業時間、電話番号、料金などは変更になっている場合がありますので、ご利用の際は各銭湯にご確認ください。